仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2010年12月26日 - 2011年1月1日

2011年1月 1日 (土)

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

         本年もよろしくお願いいたします。

-ものづくりの街・大田区から、元気印の発信です-

  リーマンショック以後

  製造業は大打撃を受けてましたが、

  なんとか乗り切ってきたかと思います。

  しかし、法人税の税率引き下げや、

  所得税の増税、相続税の見直しなど、

  今後、税に関する問題は山積です・・・。

  まずは今後の業績アップを!この一言につきます。

  この1年を上昇の年ととらえて、ともに頑張っていきましょう!

 

                  仁科忠二郎税理士事務所

                        所長税理士・仁科 忠二郎

2010年12月28日 (火)

スタッフのつぶやき

今年も残すところあとわずかとなりました。
今年一年もあっと言う間でした。

この間道を歩いていたら小学生位のちびっこ達が
「一年ってほんと早いよね~」
と言いながら歩いていました。

君たちが早いと感じるなら私はどうなる!!

ホント一年一年を大切にしなければなぁと思いました。

さて、本日のブログが今年最後のブログとなります。
弊事務所は12月29日(水)から翌年1月3日(月)までお休みを頂きます。
次回ブログ更新は年明け1月4日(火)からです。

本年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

(福)

2010年12月27日 (月)

忠臣蔵

日本の12月といえば「忠臣蔵」。

毎年思うが、昔の日本のこの仇討という制度は、
残された遺族のケアになっているという点で、よい制度だと思う。

現行制度では、遺族はフォローされることのない完全な
二次被害者といえる。
ここが、すごく不満と不安のあるところだ。

それに比べて仇討は、何より遺族の、ある意味「気が済む」制度といえる。

だからと言って、仇討は、復活には値しないと思う。
復活したところで、当時の規定のままでは、現社会は合わない。

ただ、被害者にとって時間が解決するなんてことはあり得ないのだ。

現行制度は、主に加害者の時間的拘束で解決している。

もっと被害者に寄り添った法的整備が必要なのではないか
と常々思っているところだ。(Y)

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト