仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011年3月13日 - 2011年3月19日

2011年3月18日 (金)

税理士への道「震災」

震災後一週間が過ぎ、
東京では身体に感じる
余震の数も減ってきた
ように思います。

ただ、長野や静岡でも地震が
発生しているので
安心はできません。

原発も非常に気がかりです。
いわき市で働いている友人は、
さすがに恐ろしくなり
妻子共々埼玉の実家に戻ってきたとのこと。
有給を全部使い切ったのち
自分だけ戻ると言っていました。

それにしても死者・行方不明者が
1万4千人を超えそうだという
報道には驚愕させられます。

今、我々にできる事は
「募金」しかなさそうです。
「ボランティア」に関しては、
受入れ体制が整っておらず
現時点では不可とのこと。

とある、顧問先の社長さんも
確定申告の還付金をすべて募金に
回すとおっしゃっていました。

普段は強面の社長さんですが、
心やさしい一面をお持ちです。
(当然知ってはいましたが…)

みなさん、我々も募金に励みましょう!!

2011年3月17日 (木)

スタッフのつぶやき

日に日に地震の被害状況が明らかになる中
少しずつですが明るいニュースも見られるように
なってきました。

地震発生から長時間たって無事救出された方
連絡が繋がらなくて心配していたが
避難していることが分かった方

本当に無事で良かったと思います。

まだまだ厳しい状況ではありますが
これから少しずつ
みんなの心の支えになるようなニュースが
増えていったら良いなと思います。

私自身も、今この地で出来ることを
精一杯やっていきたいです。

(福)

2011年3月16日 (水)

スタッフのつぶやき

以前、海外で、予定していた飛行機が飛ばず、

空港で足止めを食らったことがありました。



日曜日のうちに帰国して、月曜日から出勤する予定でいたのが、

帰国できず連絡もできず、でした。



その時、日本人同士が団結して

航空会社などへ様々な交渉をしたことを思い出します。



航空会社から同じホテルに割り当てられた乗客の中で、

不思議なくらいに自然に日本人コミュニティが出来上がり、

その中心になる人が数名立候補して、

皆を集めて拍手で了承を貰い、

その人たちが中心になって、ホテルへの交渉、帰国便の交渉などを

やってくれました。



もちろん各自できることはやりましたし、

いくつかの係も割り当てられました。

結局、翌日の便で帰国し、鉄道の様に「遅延証明書」をもらって

そのまま出勤したのでした。




今、日本は大変なことになっています。

被災者の方たちは、連絡を取りたくても取れなくて、

これからどうなるんだろうかという不安な状況の中で

押しつぶされそうになっていることでしょう。



私の場合は、いずれは帰国できると分かっていても

連絡がとれないということはすごくストレスになりました。




その何倍ものストレスを被災者の方たちは、

きっと抱えている。



とにかく、とにかく、各自ができることをしましょう。

被災者の方のストレスが、少しでも、少しでもやわらぐ様に。(Y)

2011年3月15日 (火)

この度の地震による被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
ニュースから伝わる現状には胸が痛みます。
少しでも救助、支援が進むことを祈ります。

11日、自宅にいる老親へ携帯も電話も通じなくなり、
安否が心配でした。

当の二人は初めて体験する大きな揺れに驚き、
部屋にいるのが不安で外に出たそうです。

同じようにご近所の方も出ていて
その中にアパートの隣人の男性が。

面識はなかったのですが、
その男性から大きなローソクをもらい停電をしのぐことができたと
とても喜んでいました。

連絡がつかない娘(私)よりよっぽど有難く、

とても嬉しかったらしく、お礼に果物を少し差し上げたようです。

すると日曜午後、わざわざ
「(地震は)もう大丈夫だろうから安心してください」と
両親に声を掛けに来てくれました。

実は、業者さんを怒鳴る大声がよく聞こえていたので、
秘かにその男性を恐れていた私は驚きました。

非常時に全く知らない他人を思いやれるというのは
心根が優しい人なんだと、
恐れて避けていた自分を恥ずかしく思いました。

困ったときこそ助け合う。
報道にもそういうシーンもたくさん流れ
小さな人の温かさが大きな救いになることを
改めて感じました。

      かぁちゃんず3号

人気blogランキングに参加しています!←良かったらクリックして下さい。

2011年3月14日 (月)

スタッフのつぶやき

地震

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された方には、
心よりお見舞い申し上げます。

被災状況が明らかになるにつれ、世の中がどんどん
不安になっていくようです。

でも明日の確定申告までは頑張って仕事に集中します。

もうこれ以上被害が拡大しないことを祈ります。

かぁちゃんず1号

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト