仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

2011年11月13日 - 2011年11月19日

2011年11月18日 (金)

税理士への道「日本酒」

11月も終盤に差し掛かり
すっかり寒くなりました。
毎朝通っているスタバでも
店員さんはサンタカラーの衣装で
お迎えしてくれます。

ところで、冬と言えば「鍋」!
ではなくて「日本酒」のおいしい季節です。

最近、ふとしたことで
日本酒に関する書籍を購入しました。
そこには、日本酒の歴史から、現状、
経営者や杜氏たちの熱い思いが綴られていたのですが、
その本にあった「想天坊」
というお酒を購入して飲んでみました。

本を読んだからかもしれませんが、
なんだかおいしく感じました。
これまでは、日本酒=悪酔いというイメージしか
ありませんでしたが、じっくり飲むと
焼酎よりも味わい深いと思いました。

そんなわけで、それ以降「初孫」、「鷹勇」、「篠峰」と
各地の地酒にチャレンジする日々です。
明日も、妻に内緒でWeb注文した
地酒が到着する予定。
怒られることに戦々恐々としながらも
すこし楽しみにしています。

2011年11月17日 (木)

デザインフェスタ

先週またまたデザインフェスタに行ってきました。
かれこれ4回目です。
会場は毎回謎なもので満ち溢れていて
何度行っても楽しめます。
出展数が多すぎていつもまわりきれませんが・・・。

その中から、あるTシャツの画像を。

Isizukachan_4

石塚さんとしずかちゃんの融合体
その名も「いしずかちゃん」です。

購入は見送りましたが、かなり惹きつけられました(笑)
この発想力が羨ましい!

最後になりましたが、
(福)は今週で仁科会計を退社致します。
お世話になった皆さま
本当に本当にありがとうございました。
今後はこのブログの読者として
ひっそり更新を楽しみにしたいと思います。

(福)

東京 大田区蒲田 相続・贈与 資金繰りに強い 仁科忠二郎税理士事務所

顧問料ゼロ円会計事務所 中央綜合会計事務所

会社設立ゼロ円からの仁科忠二郎行政書士事務所

相続税のお手伝いいたします・・・仁科忠二郎税理士事務所・相続専門サイト

2011年11月16日 (水)

寒い季節になりました

今朝は寒かったですね。


外の空気は完全に「冬」。



うっかりコートを事務所に忘れてしまい、

今日は、コート無しでの出勤です。


今日の帰りは、ちゃんとコートを着て帰らなくては・・・(Y)

続きを読む "寒い季節になりました" »

2011年11月15日 (火)

焼きバナナ

子供が幼い時はおやつや誕生日ケーキは手作りでしたが、
そんな日々はすっかり遠のき・・・
 
 が、2週連続でお菓子を作っております。
ま、私のこと、目分量だし手の込んだものはいたしませんがgawk 

 
 
 きっかけは、親戚からもらったメープルシロップ。
せっかくいただいたから感想を・・と、
先週はホットケーキを作りました。
 
 
 今週は何を作ろうかと、ふと思い出したのが
地元で通ったお店の「焼きバナナ」
とても美味しくて、いつかは自分でも!!と思っていました。
 
 
  
 フライパンにバター(我が家はマーガリンですが)を溶かし
砂糖を大匙2~3杯ほど入れてカラメルを作りながら
カットしたバナナを投入
香ばしい色になったらシナモンパウダーとブランデーをふりかけ
お皿に盛り、バニラアイスをのせます。
 
 
 ん??これではレシピとは言えませんね(^^ゞ
でも不器用な私が、テキトーにやってもできるから大丈夫ですwink
  
  
  
 実はメープルシロップで作ってみたのですが、
カラメル状にならず、味もう~ん・・ちょっと違う。
砂糖でやってみたら「やっぱりこれだ!!」という味になりました。
熱いバナナと冷たいアイスのコラボは最高ですgood
 
 
 
 それにしても、高校時代に
「ええっっ!クッキーって家で作れるの?」
「ええっっ!!プリンってプリンミックスじゃなくて卵から作るの??」
のレベルだった私が、不器用ながらも菓子作りをするとは。
子供のお陰で成長(?)できた事の一つです。

                       かぁちゃんず3号
 

続きを読む "焼きバナナ" »

2011年11月14日 (月)

カフカの変身

久しぶりにカフカの「変身」を読み返してみました。
 
 
虫になって家族にうとまれているにも関わらず
 
良い風に解釈し、家族を心配する主人公と
 
変わってしまった主人公をどうにかしてあげることもできず
 
「臭いものにはふた」状態で現状維持する家族。
 
最終的には父親に傷つけられ、家族に厄介者扱いされ
 
死んでしまい、家族は晴れ晴れとした気分で未来を語る。
 
 
今の世の中に置き換えると、虫にならなくても
 
同じようなことはたくさんあるな~と感じますね。
 
虫になるという非現実的なモノを書いているにも関わらず
 
ひどく現実的に感じてしまいます。
 
 
虫はムカデのようなものをイメージするらしいのですが
 
私はどうしても芋虫のようなものを想像してしまいます。
 
そして最後は蝶になって飛んでいくっていう最後がいいな~と、
 
読み返すたびに思うのです。
 
 
かぁちゃんず1号

続きを読む "カフカの変身" »

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト