仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

2011年2月6日 - 2011年2月12日

2011年2月10日 (木)

Only Free Paper

フリーペーパーだけが置いてある店が
なにやら渋谷にあるという情報をget!

駅や店頭に置いてある
持っては帰るけど
読んだらポイされてしまいがちな、あれです。

それを見たその日は、
友人と渋谷に3時の待ち合わせ
これはちょうどよい♪
と、待ち合わせに先だって
ぶらりと寄り道してきました。

Only Free Paper

フリーペーパー専門店です。

入ってみると
外国の絵本などを取り扱ってるような
ナチュラルな内装の店内に
フリーペーパーが所狭しと並んでました。

センターに並んでいるものは
当然、フリーペーパーなのでTakeFree

この日は、センターに置いてあったものを
いくつか物色した戦利品が
コレ

Onlyfreepepar

京都…静岡…イタリア…そして、大塚…

フリーペーパーと侮るなかれ
写真のものは、1冊あれば1日昼休みを潰せる程の
充実した内容の冊子です

他にも、九州のものや、スキー場情報誌
子育てに関する情報誌など多種多様のラインナップ

壁には「フリーペーパー図書館」と銘打って
プレミア物の閲覧用の棚がありました
(『風とロック』とか、個人的には興味深々)

なかなか渋谷には行かないですが
機会があったら
またふらりと行ってみようと思います

あ、ギャラリーとしてスペース貸しもしてるようなので
作品に自信のある方は、持ち込みはいかがですか?

てらぽん

2011年2月 9日 (水)

はーい、スカッチです。

はーい、スカッチです。

先日、郵便局に郵便物を出しに行ったときです。

鶴見市場の近くにある郵便局でした。そこでは

壁一面に切手シートが並んでいて番号が付いて

いました。思わず見てしまい、1種類だけあっ

たサッカーの切手とその他一枚を購入してしま

いました。買ったはいいけれどもったいなくて

使えずに、出しに行った郵便物は郵便局で切手

を貼ってもらうこととなりました。ここ蒲田の

郵便局ではあまり見たことのない情景

だったので、思わずこんなの初めてです。と郵

便局の人に興奮気味に話してしまいました。そ

うしたら、その人は営業上手な人で、こんな商

品もやっていますからもしよかったらいかがで

すか?と、梅干し等を押されました。ちょうど

営業の人材の育成の話をしていた後だったので

、「こんな人がほしいよな。」と思ってしまい

ました。その後他のお客様のところに行ったと

きにその話をしたら、お客様はすぐそこの郵便

局では壁には貼っていないけれど回転するもの

に付いていて同じように買えるわよ。と教えて

くださいました。そこは川崎市のとある郵便局

でしたが。郵便局も自由競争で、宣伝の時代で

すね。

2011年2月 8日 (火)

NBA連載日記 第6回

NBA大好きの私の季節がやってきました。

今日も我らが(大ファンの)、

ニューヨーク・ニックスについてです。

さて、今日はニックスの宿敵についてです。

ここ近年の宿敵の代表格は、

インディアナ・ペイサーズと、

マイアミ・ヒートでしょう。

ペイサーズでは、なんといってもレジー・ミラー

ヒートでは、ヘッドコーチのパットライリー他、

すべての選手が宿敵といえるでしょう。

90年代後半、この3チームは、常に凌ぎを削っていました。

ペイサーズのレジー・イラーには、あと少しのところで、何度も、

逆転3ポイントシュートを決められ、悔しい思いをしました。

25fb44814206ced9ae846caa748c2f2e

ヒートとの戦いでは、大乱闘など、コートを離れたところでも多数、

死闘が繰り広げられました。

7a8d42087f49cc8cfff38ea765373239_2

ここ最近のニックスを見ていると、特に宿敵といえる相手もなく、

どこか物足りない気が少しするのですが、

新しく改革中の今のチームが、プレーオフ・NBAファイナルで、

大躍進をすることを心から願うところです。

またあのオレンジのタオルが、ニューヨークの夜の、

マジソンスクェア・ガーデンを埋め尽くし、

熱狂の渦につつまれる日を夢見て・・・

ニッキチの小池でした。

2011年2月 7日 (月)

タイ料理を食べに行こう。

この間の休日に吉祥寺にお昼を食べにいきました。

雰囲気がよく、おいしいにおいがするタイ料理屋があったのでそこに入ることにしました。

初めて行った店なので、店員さんにおすすめを頼もうと思い、聞いてみると、豚のひき

肉炒めのような料理(すいません名前忘れました)がおすすめですということだった

ので、注文しようとしたら・・・

店員「辛いですよ。」

私「えっ、おすすめなんですよね?」

店員「はい」

私「じゃあ、それで・・」

店員「えっ、ほんとに辛いですよ。」

私「いいですよ。」(実はこの時点でかなり不安でしたがなぜか引っ込みがつかなくなっている。)

店員さんも大丈夫かな?みたいな顔で厨房へ消えてついに、料理がでてきました。

豚のひき肉料理はとてもおいしそうだったのですが、少しだけ食べたら・・・

めちゃくちゃ辛い!これはやばい!

少量でこれはやばい!

結局その料理を食べるのに、ひき肉→デザート注文→デザート→デザート→ひき肉→デザート→ひき肉→デザート再注文→デザート→ひき肉→デザート→デザート

ここまでくるとおいしい食べるとか関係ない。

とにかく、意地以外なにものでもなく、なんとか完食。

一日中、おなかと口周りがメラメラと燃え上がる休日でした。 あんどぅ

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト