仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« はーい、スカッチです。 | トップページ | 給料は銀行振込で! »

2012年5月28日 (月)

スタッフのつぶやき

いつもは勉強会で勉強したことをブログに書くようにしています。
前回は役員報酬について記事を書き、次回に続くという終わり方をしているはずですが、まだまだ勉強中ということもあり次回以降続きを書いていこうと思います。

ということで今回は税務ではなく経営に関してです。


巷ではこんな言葉があります。
「銀行は雨の日に傘を取り上げて、晴れの日に傘を貸す」
これは何を意味しているのでしょうか。

銀行は企業におカネを貸して利息と元本を回収することによって利益を上げています。
お金を貸さなければ銀行は利益を上げることができないわけですが、銀行にとって実際にお金を貸すときに誰におカネを貸すかが重要になります。

通常、事業がうまくいかずに資金繰りに困っている会社というのはおカネが必要です。ですからおカネを借りなければなりません。
一方、資金繰りに困っていない会社というのは自社の資金を使って経営をしている会社です。資金繰りに困っていないので新たに事業を拡大しようとしなければおカネを借りる必要がありません。

銀行はどちらの会社におカネを貸したいと考えるでしょうか。
銀行は元本と利息を回収する必要があります。なので前者の資金繰りに困っている会社にはおカネを貸そうとはしません。貸したお金が返ってこなくなる可能性が高いからです。
一方、資金繰りがうまくいっている会社にはお金を貸したがります。おカネがあるので回収できなくなる可能性が低いからです。

先程の言葉はおカネが必要でないところにおカネを貸して、本当におカネが必要なところにおカネを貸さないということを傘に例えています。

ここからどんなことが言えるでしょうか。
雨が降る前に傘を事前に借りておく必要があるということではないでしょうか。つまり会社経営をしていて資金繰りに困ってから銀行に融資のお願いをするのではなく、資金繰りに困る前に銀行から融資を受ける必要があるということです。困ってからでは誰もおカネを貸してくれないからです。
これを知っていると無借金経営が必ずよいものであるというようには言えなくなってくるのです。借入とはなんとなく暗くて嫌なイメージがある人もいるかと思いますが、ある一定割合で借入金があっても悪いことではないのです。

経営が順調な会社の社長さん、借入を検討してみてはいかがでしょうか。

東京 大田区蒲田 相続・贈与 資金繰りに強い 仁科忠二郎税理士事務所

顧問料ゼロ円会計事務所 中央綜合会計事務所

会社設立ゼロ円からの仁科忠二郎行政書士事務所

相続税のお手伝いいたします・・・仁科忠二郎税理士事務所・相続専門サイト

« はーい、スカッチです。 | トップページ | 給料は銀行振込で! »

スタッフのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425781/45441911

この記事へのトラックバック一覧です: スタッフのつぶやき:

« はーい、スカッチです。 | トップページ | 給料は銀行振込で! »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト