仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 電子レンジで魚が焼ける皿を買いました | トップページ | 肉離れって痛かったんですよ! »

2012年5月14日 (月)

スタッフのつぶやき

最近役員報酬の実務に関する本を読んだので役に立ちそうな事を数回に分けてブログに書いていこうと思います。

初回は役員の賞与です。
基本的な内容なので、すでに御存じの方もいるかと思いますが、会社の役員に対しても賞与は支払うことができます。

役員になったら賞与は貰えないと思っている社長さんも多いかと思いますが、決して役員賞与を支払ってはいけないというわけではありません。

役員に対する賞与は支払ってもよいのですが原則損金になりません。
つまり経費として認めてもらえないので、単純に考えると役員に対する賞与の金額に法人税率をかけた金額だけ法人税が増えることになります。

 
それに加えて、法人税が課税されているにも関わらず、役員の所得税の申告の時には給与所得として賞与の分だけ所得税が増加します。ダブルの課税です。

ですが、賞与の金額をあらかじめ決めて、定められた期日までに税務署長に届出を出せば会社の経費にすることができます。法人税と所得税がダブルで課税されることはなくなります。

これを事前確定届出給与といいます。

要件や実務上の運用方法などは次回に続きます。

東京 大田区蒲田 相続・贈与 資金繰りに強い 仁科忠二郎税理士事務所

顧問料ゼロ円会計事務所 中央綜合会計事務所

会社設立ゼロ円からの仁科忠二郎行政書士事務所

相続税のお手伝いいたします・・・仁科忠二郎税理士事務所・相続専門サイト

« 電子レンジで魚が焼ける皿を買いました | トップページ | 肉離れって痛かったんですよ! »

スタッフのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425781/45253805

この記事へのトラックバック一覧です: スタッフのつぶやき:

« 電子レンジで魚が焼ける皿を買いました | トップページ | 肉離れって痛かったんですよ! »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト