仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« | トップページ | NBA連載日記 第100回 »

2012年9月19日 (水)

儲かっている会社は知っている

みなさんこんにちわ

儲かっている会社は共通して自社の商品の価値を知っています。

粗利の悪い会社は安くするべきものを高く販売し、高く売るべきものを安く

売ってしまっている可能性があります。

例えば自転車のパンク修理では

人件費+消耗品=原価

原価+α=売値

この付加価値であるαは難易度、回転数、失敗のリスクなどが考えられます。

仮に戦闘機のパンクの修理が自転車の修理と同じ難易度であってもリスクや回転数など

で考えると価格が一緒になるはずは絶対ないはずです。

自分では簡単だと思っている仕事でも世の中ではすごく需要があるものかもしれません。

みなさんの商品の価値はどのくらいでしょうか。

一度確認してみるとよいとでしょう。

あん

« | トップページ | NBA連載日記 第100回 »

スタッフのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425781/47119975

この記事へのトラックバック一覧です: 儲かっている会社は知っている:

« | トップページ | NBA連載日記 第100回 »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト