仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 手造りケーキ三昧 | トップページ | ザックジャパン »

2013年6月26日 (水)

親として

5年ぶりに友人から電話がありました。
 
母子家庭で子供二人を育てているという共通の環境にあります。
 
彼女は一足先にお子さん方が社会人となり家を出て今は1人暮らし。
 
 
私も、順調にけば来春に下の子も社会人となるので
 
あと1回分の学費をなんとか工面すれば肩の荷が下りる・・・と話すと
 
彼女の場合は、あまりにホッとしすぎて気が抜けてしまったそう。
 
 
私の場合、子どもと暮らしている時は父&母として気を張っていたものの
 
別々に暮らしている今ではすっかり気が緩んでしまっています。
 
 
 
親は無くとも子は育っていきます。
 
「金の切れ目が縁の切れ目」とならないよう
 
これからどう子供に関わるか、どう支えるか
 
親としての生き方を自問自答している今日この頃です。

 
                  かぁちゃんず3号

東京 大田区蒲田 相続・贈与 資金繰りに強い 仁科忠二郎税理士事務所

会社設立ゼロ円からの仁科忠二郎行政書士事務所

住宅ローン控除の申告なら大田区・蒲田・東京都の仁科忠二郎税理士事務所

« 手造りケーキ三昧 | トップページ | ザックジャパン »

スタッフのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425781/52176632

この記事へのトラックバック一覧です: 親として:

« 手造りケーキ三昧 | トップページ | ザックジャパン »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト