仁科忠二郎税理士事務所

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013年9月13日 (金)

スポーツの祭典

今週はどうしても
東京オリンピック2020招致決定!というニュースが
一番なのではないでしょうか?
 
身近に一流のアスリートが集う時など
そうめったにあるものではありませんので
今から楽しみで仕方ありません
 
それでも7年後かあ…
随分と先だよなぁ…
その時自分は何してるのかなぁ…(^_^)
 
 
そんな中、今月末には東京で国民体育大会があるんですよね。
なんていいタイミングなんでしょう♪
国体の注目度はそんなに高いものではないと思いますが、
今回は規模は小さいながらも
オリンピックのテスト的な開催にもなるのではないでしょうか?
 
事務所の近辺では、京浜運河でカヌー競技が行われるとのこと。
 
TVでしか見たことがない競技ですので
ちょっと興味あるんですよねぇ(*^。^*)
暇なら行けるといいなぁ…
 
めったに見れないといえば
五輪の正式種目にスカッシュが採用されなかったのが
個人的に残念だなぁ、と思っている
かぁちゃんず2号なのでした
 
 
 
 
 

続きを読む "スポーツの祭典" »

2013年9月11日 (水)

NBA連載日記 第100回

NBA連載日記 第100回

久しぶりのNBA連載日記です。

NBAは現在ストーブリーグに突入です。

来シーズンに向け各チームがトレードなどにより、

戦力を整えています。

さて、今日は『東京オリンピック』についてです。

NBAのドリームチームが東京に来る・・・

Photo

現在と選手はかわると思いますが、

今からとても楽しみです。

Nba

・・・またあのオレンジのタオルが、ニューヨークの夜の、

マジソンスクェア・ガーデンを埋め尽くし、

熱狂の渦につつまれる日を夢見て・・・

ニッキチの小池でした。

続きを読む "NBA連載日記 第100回" »

2013年9月10日 (火)

トルコ

2020年のオリンピック、東京での開催が決定しました。まだ、8年後の話ですが今からとても楽しみです。練習を頑張っている子供たちの様子がTVで放映されていましたが、みんな東京オリンピック出場を目指して頑張ると目を輝かせているのが印象的でした。

ネットで情報見ていると、トルコも開催候補地に上がっていたにもかかわらず、東京に開催が決定した直後、ツイッターで「Tebrikler Tokyo(おめでとう 東京)」や「トルコは日本の友人です」との言葉が入ったとの記事。

親日国であるとは以前から知っていましたが、落ちた直後にライバルを応援できる姿勢はすごいなと感心してしまいました。

トルコが親日国である理由をネットで調べてみました。

1.建国の父、アタチュルクが日本好きだった。→ 明治維新に倣って改革を行った、トルコ共和国・建国の父、初代大統領ケマル・アタテュルクは、明治天皇をこよなく崇拝して、陛下の写真を自分の机に飾っていたとの逸話あり。この時期、彼が発した言葉が「日本を見習え!」この言葉によって「日本」という国名はトルコのほとんどの人に知られることとなった。

2.日露戦争でロシアに日本が勝った。→ ロシア帝国から常に脅威を受け続けていたトルコとしては日露戦争でロシアを打ち破った日本に多大な感銘を受けた。同じアジア人の国、東の小さな島国・日本、その日本がトルコの長年の宿敵・ロシアを破った。トルコでは日本の快挙に多いに沸いたと言われている。

3.日本がトルコの難破船を助けたから。→1890年9月16日、和歌山県の沖合でとるこの軍艦船が座礁・沈没して乗組員650名のうち587名の犠牲者を出す惨事があった。その時、村人の迅速な救出で69名のトルコ人が助かり、貧しい村でありながら、鶏肉や米をふるまい、献身的な介護でとるこ人は回復。

などなど。

この次の2024年のオリンピック開催国にはぜひトルコになってほしいと思ったと同時にいつかはトルコに旅行に行きたいなと思った記事でした。

2013年9月 9日 (月)

あすなろラボ

みなさんこんにちわ

昨日あすなろラボというフジテレビの番組を見ました。

番組開始当初は低視聴率で打ち切りのうわさもささやかれた番組のようですが、

内容はなかなか面白いことをやっていました。

ロングフェイスで有名な元官僚の岸博幸さんがヤンキーに経済を教えるという内容でした。

アベノミクス・消費税・年金・貯金を軸にお話しをされていて、誰にでもわかりやすく相手

の立場や知識レベルに合わせたに説明で、今どんな状況なのかまた、これから何をすべき

なのかと現状だけでなく打開策をも説明しておりました。

我々の仕事も税金や利益の仕組みをわかりやすく説明しようと思っても気を付けていても

専門用語を使ってしまったり、現状把握(過去会計)のみの提案で終わってしまいがちです。

なかなか考えさせられる番組でした。

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

Facebook

Twitter

  • Twitter Button from twitbuttons.com
    Låna pengar
フォト